スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リンカーン】

もう10月。今年もあと3ヶ月…だと…!?
思い返してみれば今年はイベント予定ばっかだった気がするので、それ以外に何したか考えてみたけどあんまりありませんでした。(がくり)

そうだ、今年公開された映画の「リンカーン」を観た感想書こうと思ってずっと忘れてました。
もう半年近く前の映画だぜ。時差有り過ぎ。
えと、4月か5月頃に公開してた映画で、アメリカ大統領のリンカーンを題材にした映画です。
(同時期にリンカーンとかタイトルになってる映画が2つ3つ程あったのですが、私が観たのはスピルバーグ監督のです)




今更感満載な上、史実に忠実な内容でしたし、ネタバレもなにも歴史としてご存知の方も多そうなので、あまりネタバレ配慮無しのかなり主観入った感想書いてます。一応折り畳んでおきますので、閲覧される場合はご注意下さい。
オチがトミー・リー・ジョーンズだった。
一言で言うならこれかな。笑。

まぁ冗句抜きに言うと、「もっとリンカーンや南北戦争について勉強してから見ればよかったな」と思いました。
無知な自分が悔しい感じ。
ジョークの1つとってみても、アメリカ人の思想がかなり盛り込まれているので、その辺りも知っていた方がより深く考えられるのではないかと思いました。
(冒頭のアメリカ兵士とのやり取りとか)
映画自体は娯楽という印象は薄いけど勉強という程にエンターテイメント性が低い訳でもない。
世界観の再現、カメラワーク、役者さんの演技力、私は結構好きです。
内容的に詰め込み感否めませんが、展開に置いて行かれる感覚はほとんどないし、映画自体の説得力は強いと思います。

どうにも気になってしまったのは、リンカーンの息子(長男)の心理描写。
あんなグロもの見て尚、正義感溢れるまっすぐな主張ができるのはブレなくて素晴らしいけど、人間味がイマイチ感じられない。。
普通ああいうの見たらビビって、兵士になりたい気持ちも揺らぐと思うんだけど、元々そういう「ブレず!」な人だったのかな。

ラスト近く、リンカーンが立ち去るシーンは、その先を連想させる素晴らしい演出だと思いました。
漫画でもああいうシーン有りそう。不確定で薄暗く先の無い未来を暗示する立ち去りっぷりでした。


というところで、趣味主観てんこもりな感想を此処まで読んで下さった方、居たらありがとうでしたー。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

erisa

Author:erisa
ドジン活動してるヲタク。
適当に活動中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
テキトウカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。